人事システムの種類について

Web Template

ITシステムでもある人事システムは、利用する形態によっていろいろな種類を分けることが可能です。

さらに使い勝手も形態によって変わるため、どんな種類があるかを知っておくことは大切です。
まず自社にサーバーを置いて、専用の回線でクライアントを結ぶオンプレミスという方式があります。回線とサーバーを自社で管理するので、情報流出の危険性が少ないことがメリットです。

ミドルウェアやデータベースの管理については自社で行うことになります。

次にサーバーを自社に持たないで、専門の業者が管理をしているデータセンターにデータベースやソフトウェアを預けるクラウド型の人事システムがあります。

データセンターで管理をするので、事故や災害に対して自社で管理をするよりも堅牢で、管理コストも低減しやすいメリットがあります。

Wikipediaについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

また、クラウド型はユーザーとデータセンターを専用回線で結ぶプライベートクラウドと、インターネット回線で結ぶパブリッククラウドに分けることができます。この他、人事システムのパッケージソフトについてもいくつかの種類があります。

まず、最適なパッケージを選んで組み合わせるベストオブブリーズという方法です。

タイムカードで勤怠管理の情報が揃っています。

最適な方法を選んでいるので、最高のパフォーマンスで対応することが可能になります。



この他、全てのデータを一元で管理するERPという統合業務パッケージのシステムがあり、人事だけでなく会計など幅広く連動させやすい特色があります。