img-1

相続税を減らすことのできる小規模宅地等の特例

家族の誰かが亡くなった場合に必ず発生するのが相続ですが、この相続では亡くなった人の財産を受け継ぐことができると同時に、相続をした財産に応じて相続税を支払わなくてはなりません、相続税にはあらかじめ基礎控除が設けられているため、相続をしたからといって必ず相続税が課税されるわけではありませんが、亡くなった人が生前にまとまった財産を所有していたような場合には、その財産を受け継いだ相続人にかなりの金額を課税されてしまう恐れがあります。

大阪の任意整理に関する情報満載です。

そのため、実際に相続をすることが決まったときに備えて、少しでも相続税の金額を抑えることのできる知識を身に付けておくことが大事になってきます。

神戸の税理士が勢いに乗っています。

相続税の金額を抑えるための対策方法にはいくつもの手段がありますが、現在、賃貸の住宅に暮らしているのではなく自宅を所有している家庭の場合、相続が決まったときに使える特例があります。

話題の最新相続放棄のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

この特例は小規模宅地等の特例と呼ばれるものですが、もしも、被相続人が亡くなった場合、その人が保有していた宅地の評価を大きく減額してくれる制度となっています。

お手軽の過払いはとにかくお勧めです。

この特例が自宅として使用している宅地に適用されれば、その宅地の面積が330?までの部分については評価を80%減額してもらうことができます。

大阪の遺言技術のご紹介です。

そのため、被相続人が自宅を所有している場合には大きな節税をすることが可能になっています。



ただし、被相続人が自宅を所有していたからといってすべてのケースでこの特例が適用されるわけではありません。



所定の条件を満たしている必要があるという点には注意が必要になってきます。



関連リンク

img-2

相続税がかかる財産とは

相続税は、相続または遺贈によって財産を取得した場合に課税されます。基礎控除は、「3000万円+600万円×法定相続人の数」で、遺産の評価額がこの金額以下なら、課税されず申告も不要です。...

more
img-3

相続税を知って、相続を円滑に進めよう

民法で定められている「相続」とは、ある人が死亡した際にその財産を一定の範囲内の親族に受け継がせることです。ここで言う財産は、死亡した人(被相続人)が残した預貯金や有価証券、不動産などのプラスの財産の他に、借入金や納めていない税金など、マイナスの財産も含まれます。...

more